Copyright© 2019 株式会社エマージュ・ジャパン All Rights Reserved.

蓄電池システム

​ 蓄電池をかしこく使用することで、電気代を削減することが可能です。
 また、地震や台風などの自然災害、事故による送電の停止など、もしもの停電時でも家庭で使う1日の電気使用量をまかなえます。
 

 電気を貯めておき、貯めた電気を必要なときに使うことができるものを蓄電池といいます。これは、仕組みとしては自動車のバッテリーや充電池と同じものです。

 一般的な電灯契約ではなく、夜間に割安な時間帯別電灯契約を利用していれば、割安な夜間電力を夜の間に蓄電池に貯め、最も割高な時間帯には蓄電池の電気を利用するといった使い方が可能です。

 さらに太陽光発電システムと連携することで、太陽光発電によってつくった電気を蓄電池に貯めて使用することもできます。

 

 停電時や電力問題に備え、蓄電池で電力を蓄えておけば安心です。災害時に自給自足できる設備として注目されており、もしもの時にも、照明・テレビ等を利用することができます。